神奈川県内の指定情報公表センター(横浜市・川崎市・相模原市・神奈川県内のその他の市町村)のウェブサイトです。
介護サービス情報公表センター

提出後

よくある質問

Q 調査票を修正したい。
「調査票報告時(公表前)」と「すでに公表されているデータの修正」で、修正方法が異なります。
《調査票報告時(公表前)の場合》
調査票を記入し提出すると、権限が公表センターに移るため、修正できなくなります。

「報告書の提出期間」内であれば、調査票の差戻しが可能ですので、公表センターまでご連絡ください。
提出期間を過ぎている場合は、情報が公表されるまで調査票の修正はできません。
※報告書の提出期間は計画通知書に記載されています。
また、訪問調査のある事業所は、調査時に申し出ていただければ、調査員が修正を行った状態で公表することが可能です。
公表センター お問合せ先

《すでに公表されているデータを修正する場合》
基本情報のみ、すでに公表されているデータも修正することができます。
調査票提出時と同様に、報告システムにログイン後、該当箇所を修正し、ご提出ください。
くわしくはマニュアルをご覧ください。
Q メールアドレスが変わった。
事業所のある自治体のページから報告システムで変更できます。
報告システムにログイン後、「公表制度に関するご連絡先 連絡先の変更」から修正してください。
Q 電話番号が変わった。
報告システムで変更できます。
事業所のある自治体のページから報告システムにログイン後、「基本情報」から修正してください。
Q 住所が変わった。
報告システムで変更できます。
事業所のある自治体のページから報告システムにログイン後、「基本情報」から修正してください。
Q 提出後に、調査票が受理されないのはどうしてでしょうか。
原則、提出期限日を過ぎて、「手数料のご入金状況」と「ご提出いただいた調査票の記入内容」を確認してから、順次受理されます。
※ 訪問調査のある事業所で、「訪問調査日が、調査票提出期限日の直後」というケースの場合は、提出期限日前に受理する場合があります。

ページトップ